チョコレートと溶け合う、「パルフェタムール」の秘密

パルフェタムールはフィーユ・ブルーのユニークさを象徴する代表的なブレンドティーです。 「完璧なる愛」と訳せるフランス語のロマンティックな名は、17世紀のフランス貴族たちの間で恋の媚薬として珍重されていたというリキュールがオリジナル。その個性を大胆に紅茶で再現したブレンドです。紅茶も美味しい季節、年末から春にかけて、スイーツの世界ではチョコレートが主役になる時期ですが、パルフェタムールのペアリングスイーツには、チョコレートを最も相性のよいものとしておすすめしています。本来淡く繊細な飲み物であるはずの紅茶が、なぜ風味の強いチョコレートと合うのか、さらにおいしく楽しんでいただくために、その秘密をわかりやすくちょっとだけお伝えします。

パルフェタムールの風味に隠されたもの

カカオの香りや油脂の成分が強いチョコレートは、紅茶との相性で言えば実は手強い相手なんです。チョコレートとの相性という、これまでにないペアリングのアイデアを開発段階で気がついたティーブレンダーは、お互いを引き立て合うようなブレンドティーとするため、口の中で感じる味の変化を時系列的にとらえ、さまざまな素材の組み合わせを突き詰めてブレンドを完成させました。
チョコレートは最初の印象がとても強いので、そのままでは紅茶の印象は消えてしまいます。逆にぶつかりあうような強さをもった紅茶では、それぞれのメリハリはつくものの、お互いのおいしさを引き立てあうことはできません。そこでティーブレンダーがイメージしたのは「最初の味や香りのインパクトは強く、味ぎれのよい紅茶」。紅茶の印象は残したまま、最後の余韻はチョコレートのおいしさだけになるので、各々の個性をしっかり味わい感じることができるのです。パルフェタムールは複雑で華やかな香りをまとっていることも特徴ですが、時としてその中からバニラや柑橘、花、スパイスのニュアンスが際立って感じられます。これらは多くのチョコレート菓子に加えられている、もともと相性のよい要素でもあります。パルフェタムールとチョコレートを合わせることで、そのもののおいしさや個性が際立ったように感じられるのは、この香りが、チョコレートの味わいも引き立て、より一層敏感に受け止めることができるようになるからなんです。
例えば、生クリームの入ったなめらかなトリュフチョコレートであればバニラやスパイスのニュアンス、ショコラオレンジのようなフルーツ系であれば柑橘のニュアンスと響きあい、その部分に無意識にフォーカスが合うことで、かえって紅茶の風味もはっきりと感じることができます。おいしいものをよりおいしく。大好きなチョコレートの気づかなかった魅力を探してみるのも楽しいですよね。

産地のキャラクターを活かしたブレンド

パルフェタムールはスリランカのルフナ、インドのアッサム、アフリカのケニアをブレンドしています。産地の特性を活かした、目指す味わいと香りのための組み合わせによって、しっかりと感じるコクがあるのに、余韻を残さないイメージ通りの味わいになりました。絶妙なバランスのブレンドを施すことで、個性的なパルフェタムールの香りにも、チョコレートとも合う、ほかにはない魅力的な風味に仕上げています。

組み合わせで変化する楽しさ

パルフェタムールは湯量や蒸らし時間を変えることで風味が変化します。 抽出時間が短い場合は、香りを、長き時間では、しっかりとしたコクを感じていただくことができます。入れ方の変えたパルフェタムールと合わせていただくことで、食べ慣れたものの新しい魅力を発見する、という楽しみ方もあるんです。 基本は200ccの湯量で蒸らし時間は2分。これを150ccの湯量で4分間の蒸らし時間でミルクを入れていただくと、香りや味わいに明確な差を感じることができます。チョコレートを合わせつつ飲み比べて、楽しんでみてください。 チョコレートだけでなく、パルフェタムールはチーズ系のスイーツとも相性が良い紅茶です。特にクリーミーで香ばしさがアクセントのティラミスとは相性ぴったり。こちらもお楽しみいただきたい組み合わせです。

バレンタインデーからホワイトデーにかけてはチョコレートを口にする機会が一層多い季節。ぜひ、香りやブレンドにおいしくなる秘密があるパルフェタムールと一緒にお楽しみください。