フィーユブルー 「アールグレイ」

アールグレイは、その由来も風味も個性的な紅茶です。フレーバードティーの定番として人気も高く、ブランドの数だけそれぞれのアールグレイがあるので、ブランドの特徴を伝える紅茶でもあるのです。

長く愛され、さらに広がりを見せる紅茶

アールグレイはベルガモット(ベルガモットオレンジ)の精油で香りづけされたフレーバードティーです。柑橘系果実の香りをつけた中国茶に着想を得たもので、19世紀のイギリス外相であるグレイ伯爵(アールは「伯爵」の意)にちなんで名づけられたと言われています。
ベルガモットとはイタリアのベルガモではじめて栽培されたことが名前の由来とされる、ミカン科の柑橘です。その果実は苦く、食用には適さないため、果実からとったオイルが香料やアロマオイルとして用いられています。現在では、香りもより複雑になり、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどさまざまな柑橘を感じるようなものも出てきたので、紅茶会社によって使っているベルガモットもさまざまです。
ベースの紅茶も中国産のキームンだけでなく、インドやスリランカの紅茶をブレンドしたりと味わいも多様になり、さらに伝統的な製法だけでなく、ハーブやドライフルーツなどを加えた新しいタイプも増えてきました。

ブレンドの強さ、魅力を感じる「アールグレイ」に

それぞれのブランドの個性が出る紅茶だからこそ、フィーユ・ブル―でも「アールグレイ」は、そのブレンドや香りにこだわったものとなっています。
正統派とされる、キームンを軸にブレンドしていますが、モダンで軽やかなさっぱりした口当たりも感じられるよう、ニルギリ、セイロンをブレンドしてバランスをとっています。
個性的なキームンのスモーキーな口当たりも飲みやすくほどよいアクセントに、クラシカルでありつつ、モダンな印象もある、複数の方向性を1杯に集約したアールグレイに仕上げました。
香りの面でも、複数産地の違うタイプのベルガモットを重ねることで、最初のフルーティーな香り立ちから余韻まで、変化をもって楽しめるようにしてあります。
定番の紅茶であるからこそ、比べる楽しみもあるアールグレイですが、香り立ちから飲み終わりまで、フィーユ・ブル―のブレンドの魅力、バランスのよさを感じていただける紅茶です。

どんなスタイルにも似合う味わい

フィーユ・ブル―の「アールグレイ」をひと言で表すとすれば“万能”な紅茶。
クラシカルな基本を押さえた味わいであり、モダンさも感じる「アールグレイ」は大切なティーカップをひきたてるフォーマルな1杯にも、日常のマグカップで楽しむカジュアルな1杯にもふさわしいものとなります。スイーツにも合わせやすく、アイスティーもミルクティーもおいしい紅茶は、いれる紅茶を迷ったときのおすすめのブレンドです。
さらにベルガモットの香りはリフレッシュ、リラックスという動と静のどちらの気分も引き出すもの。どちらの気分になりたいか意識して飲むと、より効果を感じることができるでしょう。さまざまな要素を用意した味わいは飲み手次第でいろいろな味わいを引き出せます。どうぞ今日の気分の「アールグレイ」をお楽しみください。

アレンジティー「アールグレイ・ホットジン」

リラックスしたい夜はさらに、アルコールも加えて、アールグレイのティーカクテルに。ホットティーにジンを加えます。相性のよい洋ナシの果汁やフルーツを加えると心もゆるむ1杯に。

レシピはこちら

ページトップへ